補償・慰謝料

治療費の請求、治療経過の報告などはお任せください。

安心して治療に専念できるようサポートいたします。

「慰謝料少ないんじゃないかな。。?」と思いながら相手の保険担当者の言われるままの、本来より少ない金額でサインをしてしまう例を良くお伺いします。
交通事故に遭ってしまったにもかかわらず、治療で負担がかかってしまうのは、避けたいと思うのが当然だと思います。

但し、交渉する相手は示談交渉のプロです。

当院ではむち打ち治療協会を通じ、交通事故専門の弁護士と顧問契約を結んでいます。また、交通事故後遺症問題専門の行政書士をご紹介することも可能です。

交通事故専門治療院だからこそ、法律の専門家を紹介できる体制も整えております。

どうぞお気軽にご相談ください。

慰謝料について

首の痛みがなくなり、むち打ちの治療が終了すると、保険会社との示談交渉が始まります。その際、慰謝料に関係してくるものに、通院日数があります。
 仕事も忙しかったり、家事がある、、などでなかなか通院しないでいると、症状の改善が遅くなるだけでなく、慰謝料の額も少なくなってしまうこともあります。
それは、慰謝料が通院日数に応じて支払われるからです。

交通事故に遭った時は痛めてしまった身体を治すことを最優先としてください。
きちんと通院することで身体は回復に向かいます。

知らないと損する!? 自動車保険の豆知識

搭乗者傷害保険

契約自動車の運転中に、運転している方、ご同乗の方がケガをした
場合などに、決められた損害額を補償してくれる保険です。

point

交通事故による運転者、同乗者のケガや死亡、後遺障害を補償。
単独での事故や過失割合が100%の事故の場合でも補償。

人身傷害保険

自動車事故により、ケガや死亡した場合の損害額を過失割合に関係なく、決められた損害額の全額を補償してくれます。
保険によっては、歩行中の交通事故や他の自動車に乗っている場合の事故まで補償されるものもあります。

point

交通事故でケガや死亡した場合の損害額を補償。
交通事故相手に支払い能力がない場合も補償。
単独での交通事故の場合も補償される保険がある。

無保険車傷害

契約自動車の事故で搭乗者がケガ(後遺障害が残る場合に限ります)や死亡をした場合、
相手が任意保険に加入していない、または、加入はしているが十分な賠償が受けられない場合に補償してくれる保険です。

point

保険に加入していない相手との事故により搭乗者がケガや死亡した場合を補償。
相手の保険では損害賠償額に足らない場合、不足分を補償。
当て逃げなど、相手が不明な場合にも補償される。

弁護士費用補償特約

自動車事故で、相手との交渉を弁護士に依頼した場合に、交渉・訴訟・調停・仲裁のための費用を補償します。

ケース1

追突された事故など、ご自身に過失がなく明らかに相手の過失の方が大きいのに、損害賠償請求や示談交渉に応じてくれない場合。
(なお、過失割合に大きな争いがある場合も可能です)

ケース2

子供が通学途中に自動車との接触でケガをした際に、相手方が損害賠償請求や示談交渉に応じてくれない場合。

これらの補償は保険会社によって、ノーカウント事故として扱われます。
事故を起しても保険料が上がるわけではなく、無事故と同様に翌年の保険料は(下がるか)変わりません。

お気軽にお問い合わせ・ご予約ください

049-248-2460
メ-ル24h受付

営業時間  

月・水・金

8:30~12:00・15:00~20:00

火・木

8:30~12:00・15:00~21:00

8:30~12:30

13:00~17:00

8:30~12:00

pagetop
お気軽にお問い合わせください
お気軽にお問い合わせください
0120-172-072

営業時間

月・水・金
8:30~12:00・15:00~20:00

火・木
8:30~12:00・15:00~21:00


8:30~12:30


13:00~17:00


8:30~12:00

監修院紹介

交通事項治療よくある質問

フェイスブック